Communicate Station Laboratory
Index
CSL Network
Eden サーバ
ーザーアート
CSL工房
ウンロード
材集
Bbs
Chat
Webring
Link
発日誌
用規約
タッフ募集



■ナビゲーション
Menu →  CSL工房 →  Nscripter tips →  メニューバー



メニューバーを作る

はじめに

今回は、メニューバーのカスタマイズを行います。 NScripterの最新版は、メニューバーをかなり詳しくカスタマイズできますが、 マニュアルにちょっとだけしか書かれていません。 ここをカスタマイズすることでオリジナリティをさせますし、簡単ですのでチャレンジ しましょう! メニューバーの記述
設定は*define節内で行います。 先ず最初に"resetmenu"と命令し、メニューバーをクリアします。 次に、"insertmenu"命令で目的のメニューを挿入します。 これは insertmenu "メニューバー上に表示される文字","実行する命令" のように記述します。例えば、「終了」という名前でゲームを終了するメニューを追加 したい場合は、 insertmenu "終了",END のように記述します。この時注意しなければならないのは、、メニュー上で右に位置する メニューから先に記述するということです。 例えば、 [ファイル 設定 スキップ 終了] と言うメニューを作りたい場合は 終了→スキップ→設定→ファイル の順にinsertmenu命令を実行します。 また、メニューの下にサブメニューを持たせることも出来ます。この場合、まずは サブメニューを作りたい項目のinsertmenu命令を以下のように追加して記述します。 insertmenu "メニューバー上に表示される文字",SUB 例:insertmenu "設定",SUB 次に、サブメニューに入れたい項目を以下のように記述します。 insertmenu "メニューバー上に表示される文字","実行する命令",深さを示す数字 例:insertmenu "テキストを遅く",TEXTSLOW,1 深さをします数字は、メニューの深さを示しています。この例の場合は、1段目のサブ メニューにテキストを遅くする項目を追加、と言う意味になります。これでは設定 メニューが汚くなってしまうのでテキストと言う名前でテキストのの速度を設定する メニューをもう1回層追加しましょう。 例: insertmenu "テキスト",SUB,1 insertmenu "遅い",TEXTSLOW,2 insertmenu "普通",TEXTMIDDLE,2 insertmenu "速い",TEXTFAST,2 SUB命令は深さを示す数字の前に記述します。 実行できる命令一覧
さて、このメニュー上で実行できる命令とその命令語は以下の通りです。 END :終了します。 VERSION :バージョン情報を表示します SKIP :スキップします。kidokuskip命令がアルト既読文章のみスキップします。 AUTO :クリックしなくても自動で文章を進めます。 WAVEON :waveの再生を有効にします。 WAVEOFF :waveの再生を無効にします。 DWAVEVOLUME :waveのボリュームコントロールを表示させます。 TEXTSLOW :テキストスピードを下げます。 TEXTMIDDLE :通常のテキストスピードにします。 TEXTFAST :テキストスピードを速くします。 FULL :フルスクリーン表示に切り替えます。 WINDOW :ウィンドウ表示に切り替えます。 CDON :CD再生を有効にします。 CDOFF :CD再生を無効にします。 CLICKDEF :クリックすると文章が進む方式にします。 CLICKPAGE :クリックすると画面一面文の文章が進む設定にします。